自己承認欲求

October 14, 2017

数十年越しの自己肯定


日本全国が、
女性上位礼賛になりかけた時期



それは、1980年代後半のバブル期



アッシー、メッシー、ミツグにキープ


これって、まんま
女性崇拝と同じ行為


オトコをアゴで使うお立ち台ギャル


そのバブル期に、男子高校生だったら


パンツ見えそうなイケイケの
ボディコンおねぇさまに
ひれ伏したいと内心思いながらも
プライドが邪魔して、
あえて興味が無いふりしてた子


結構たくさんいたんじゃないかな



今回の子も、そのひとり


通学中に一生懸命見ないようにしていた
女性の脚やハイヒール



今日は、高校生の頃から偽ってきた

自分のマゾ心をちゃんと認めるために来たのよ



さ、認めなさい



お前は、女の人の脚が好きで
ヒールを舐めたくて仕方ない
正真正銘の真性足フェチなんだから



私の前で、自分で宣言しなさい




お前が自分の心に正直になった証

Fotor_150745877896045


ヒールを舐めている写真

顔を踏みつけられている写真
 

Fotor_150745862636289


自分から撮ってくださいとお願い出来たから


こうして、お前の記念として残しておく


Fotor_150745902225063


慣れない日本橋まで、遠くから来てくれた

その勇気は、すごいことだよ



自分の足で思い通りにどこへでも行けるわけじゃ無い


いろいろと制約がある中で


一生懸命、私に会いに来てくれてありがとう



Fotor_150745845124910




フェティシズムは、
身体の動きや目、耳などの感覚器官に
少なからず制約がある人にも
安心してご利用していただけるお店です

私個人は、車椅子の介助動作が出来ます


もし、障がいを理由に
BDSMやフェチに興味があるけど
自分には出来るわけない、
と諦めているなら、
まず、メールであなたのご要望を
お問い合わせください

お身体の状態も差しつかえない範囲で
事前にお伝えいただければ
可能なかぎり、
プレイ内容やホテル選択のご相談にのります


自分の性癖を話すだけでも、楽になれる
受け入れてくれる場所がある


それも、SMクラブや女王の在り方で役割です



GDLK☆

珠稀 〜 TAMAKI 〜





 * Restriction course 個人限定コース * 


 【コース①】  ウェットアンドメッシー集中コース(WAM集中)

 【コース②】  体液汚辱集中コース
(Body fluid Play)

 【コース③】  呼吸管理集中コース (HOM集中)

 【コース④】  黄金&聖水コース (Excretion Play)

          *対象:12時~14時迄の案内限定(当日予約対応可能)

 【コース⑤】  DIDコース (DID Play)

          *和装貸し出し対応可能







限定コース詳細はコチラ




珠稀イメージ動画

bandicam 2016-07-14 16-41-29-006


珠稀・フェティシズム出勤スケジュール(HP)
http://fetishi-sm.com/month_schedule.php?id=78
珠稀・フェティシズム出勤スケジュール(携帯)

珠稀専用衣装(専用ボンテージ)
珠稀専用所有道具
http://tamaki-fetishsm.blog.jp/archives/cat_13825.html

女王様データベース

ショートブログ


ryo_9 at 10:00|PermalinkComments(5)

March 04, 2017

甘えられる場所、甘えさせる度量

私は、幼児プレイは
あまり得意じゃないけど
女装プレイは、得意


その違いは何かと言えば、


単純に経験の差


カワイイ女子として虐められたい子を
沢山、相手にしてきているから



女装も幼児プレイも

「他人に甘える」を叶える行為


その裏側には


だから、しっかりしなさい」


と言う、子供の頃の刷り込みが
少なからずあると思う

元々、しっかりした男って少ないのにね(笑)



ザックリまとめてしまえば、


甘えるという行為って


承認欲求=許可されたい


なのよね



ただね、最近思うのは


「甘える」って


赤ちゃんやオンナノコになること
とは限らない



自分の性癖を解放する



その時点で、


誰かに「える」ことが出来てる




って言える



HOMにしろ、

女装にしろ、

黄金食や体液、WAM、NTR



私はこうした

「大きな声で言えない性癖」を

目の前で解放してくれる子たちを

「それで良いんだよ」って受け止めるのも


自分にとって大切な役目なのだと思う



「甘えせる」

「甘かす」




人によっては、
どちらも同じだと思うかもしれないけど


私の中でこの違いは、とても大きいし、
相手によって差が出るものだと思う



嗜虐も被虐も

突き詰めていけば、

相互許可で相互承認なのよね



だからこそ、相性も重要だし

お互いに成長も必要



スポーツに例えるならば

コーチや監督が日本一を目指そうとしても、

選手が何をまず目指しているか、
また、目指すべきかを見極められないと

体験入部の時点で、続かなくなる場合もある


そこで残念な思いをさせたことも多々あるし、

興味を失った子達も多いと思う





今の私が皆へ最初に出来る「甘えさせる」ことは、


「性癖を放する」


を出すこと



そこから始まる「甘える」「甘えさせる」関係も


BDSM的信頼関係の一つなんだと思う



世の中には、まだまだ色んな性癖がある


私はその、ほんの少しを見知っているだけだけど

どんな性癖を見せられても、

「それでもいじゃない」
って

受け入れられる度量は、
世の中の人たちより持ってるし


「それがか?」的レベルになる事が


女王の器を磨き、成長することだと思っている





ローマは一日にして成らず

BDSMも一回にして成らず



日々が学び








GDLK☆


珠稀


3/18~21 東京遠征決定 



 * Restriction course 個人限定コース * 


 【コース①】  ウェットアンドメッシー集中コース(WAM集中)

 【コース②】  体液汚辱集中コース
(Body fluid Play)

 【コース③】  呼吸管理集中コース (HOM集中)

 【コース④】  黄金&聖水コース (Excretion Play)

          *対象:12時~14時迄の案内限定(当日予約対応可能)



 * オス膣開発コース * 


東京遠征詳細、限定コース詳細はコチラ




珠稀イメージ動画

bandicam 2016-07-14 16-41-29-006


珠稀・フェティシズム出勤スケジュール(HP)
http://fetishi-sm.com/month_schedule.php?id=78
珠稀・フェティシズム出勤スケジュール(携帯)

珠稀専用衣装(専用ボンテージ)
珠稀専用所有道具
http://tamaki-fetishsm.blog.jp/archives/cat_13825.html

女王様データベース

ショートブログ


ryo_9 at 09:00|PermalinkComments(0)

December 17, 2016

今年の一冊 ~ 自己承認欲求の満たし方 ~


今年、色々読んだ中で

一番心を揺らされたのが


このレポ漫画


image




わたくし、まぁまぁな腐女子なので

随分前からpixivのROM専なのだけど、


このレポ記事は、
4月くらいに読んでた。



webで読んでも、結構、考えたけど


書籍化されて、再度読み直して、



改めて、


人間の自己承認欲求って


基本の三欲よりも大事なんだなぁ


って思った。




男性は、沢山の性的娯楽がある。


私たち女王もその一端に属すのだけども、



性的に未熟な女性を好意的に受け入れてくれる場所って


ごくごく限られてて、

しかも、ぱっと見、解り辛い
日陰な所に存在してるんだなって感じた。



勿論、これは、男性にも言えることで。


ちょっと前に言われてた

「30過ぎて童貞=魔法使い」って表現も


その人の性的倫理観次第では、


決して可笑しい事では無いと思う。



ぶっちゃけたところ、


私個人は、今のご時世、

性行為なんて、本当に必要に差し迫られない限り

無理に経験しなくてもいいものだと思ってる。



だから、この国の出生率が下がる一方なのも

性行為が社会生活に絶対必要とは言えない証拠の一つかなとも思ってる。



これだけ、沢山の娯楽があるんだもの。


これだけ、情報が溢れてるんだもの。



キモチイイことは、他にも沢山有るんだし。




極端な話、解剖生理学上で分析しても

一生涯、性的な接触を経験できなくても、

男性に関して言えば、定期的に射精さえすれば、

生きていくためだけで言えば、特に問題ない。



死ぬまで童貞でも、肉体的には大丈夫。




ただ、心と身体との関連を考えたときに、


本当は女性こそ、スキンシップが重要だし、

定期的に性的な興奮や満足を体験したほうが良いと思う。



何故かと言うと、



性って、人間のメインエンジンだから。



オキシトシンってホルモンがある。


別名、幸せホルモンって呼ばれてるんだけど、


これが一番出るのって、

心が性的に満たされた時なんだよね。


女性が綺麗になるのに、性行為が良いってのは、

オキシトシンを始めとした、女性ホルモンのおかげ。


好きな人に、しっかり愛されてるって
「自己承認」された時。



勿論、それ以外でも
ある一定の「充足感」を得られたら
オキシトシンは出る。



今の女の子を見てて思うのは、



皆、女性ホルモンが足りてないんだろうなってこと。




それは、恋愛だけの問題ではなく、


働き方や食生活、メンタルも含めた問題だから、


スキンシップを単純に手当たり次第に増やせば良いわけでもない。



その一つの実例が


このレポを書いてる作者なんだよね。




彼女は、「さみしい」っていう感情を


女性同士で触れ合うお店で満たそうと努力した。



とてもとても勇気がいっただろうと思う。


お店に電話するのも、

その体験を漫画に描いて、公表するのも。


結果。

彼女の行動は、

尋常じゃない閲覧数や書籍化という形で

沢山の人に承認され続けている。


本当に、凄いことだ。
人生180度、変えてしまったんだから。




この体験レポを読んで、



女王という役割について、

改めて、考えた。



ある種、歪んだ欲を満たす場所を提供する事で


誰かの「自己承認欲求」を満たしてあげられているのなら、


女王冥利に尽きる。



と、同時に



もう少し、女性の受け皿的な事が出来ないかなぁとも思う。



だから、


カップルさんとのセッションがもっと出来ると良いなと思う。

勿論、レズビアンちゃんのご来店も増えて欲しい。




BDSMと言うのは、


とても入り口が沢山有るし、


突き詰めていけば行くほど、キリがない。




単純に、暴力的なことを一方的にする行為ではないけれど、


性行為の延長線上として扱われたり、


女性蔑視的な行為に誤解される表現もある。



これは、以前書いた 紅音ほたるさん の記事にも

同じように書いたけど、



私たち女王もセッションに来てくれる皆のお蔭で

自分の「承認欲求」を満たしてもらってるし、


Win&WinでGive&Giveな関係だと思っている。



勿論、至らないことも時には有るし、

日々反省することもあるけれど、


自分一人では「女王」にはなれない。




「誰かに認められたい」って皆、ホントは思ってる。


私だって、そうだ。




もし、あなたの中でBDSMがOKだったら、

私たち女王と言う存在にも、

何らかの形で居場所を提供出来る。


あなたが、どんな性別であろうとね。





この漫画に興味が沸いた人、


是非、リアル書店で購入してあげてね。




GDLK☆

珠稀 ~ TAMAKI ~





珠稀イメージ動画

bandicam 2016-07-14 16-41-29-006


珠稀・フェティシズム出勤スケジュール(HP)
http://fetishi-sm.com/month_schedule.php?id=78
珠稀・フェティシズム出勤スケジュール(携帯)

珠稀専用衣装(専用ボンテージ)
珠稀専用所有道具
http://tamaki-fetishsm.blog.jp/archives/cat_13825.html

女王様データベース

ショートブログ


ryo_9 at 10:00|PermalinkComments(0)
プロフィール

珠稀 TAMAKI Domina

170cm 55kg

Shoes 25cm

Birth in 9th February.
水瓶座 B型

アイラモルト、ビオワイン
スピリッツが好き

麻縄や革、体液や手足すべてで
身も心も塗り替えていくようなお遊戯を

心の底から、楽しんで生きてる。


I love dominatrix especially Japanese roping, CBT, HOM, WAM, humantoilet, and more

and

I am proud of my way as a domme.

Black leather is my dress code.


ギャラリー
  • 芸術と猥褻の境目は
  • 芸術と猥褻の境目は
  • 芸術と猥褻の境目は
  • 芸術と猥褻の境目は
  • 芸術とは、きもちイイもの
  • 芸術とは、きもちイイもの
  • 芸術とは、きもちイイもの
  • 芸術とは、きもちイイもの
  • 芸術とは、きもちイイもの
カテゴリー
記事検索
twitter
ブログ更新や写メ日記の投稿をリアルタイムで確認したい人、フォローしてみてね
写メ日記
タグクラウド