TAMAK - I - SM <大阪日本橋・BDSM フェティシズム 女王 珠稀>

大阪 日本橋 BDSM Fetishi-SM 女王 珠稀のお遊戯ログ

No Life ,No BDSM

麻縄と革をこよなく愛する私、珠稀の
優雅で時に、野蛮なお遊戯記録。


身体の自由を奪われる。
快楽に我を失う。
全身を体液でドロドロにされる。


私の目の前で、あなたが隠している願望を曝け出してごらん。

http://fetishi-sm.com/profile.php?id=78

女王様の倫理観

性の多様化とモラル

性的嗜好も人の数だけあるけれど、
世間では全てが許される訳でもない


私達BDSM関係者でも、
全ての性的嗜好をYESとは認められない時もある


ニュースを見ていると、
人間は本当に矛盾した生き物だと思う



法律の専門家である弁護士でも
個人的な感情で物事を判断して、
出版社に抗議してしまうこともあるし、


出演者が反戦メッセージのTシャツを着ていたことを
把握確認する前に、とりあえず謝罪する放送局とか


昼ドラは見て共感する癖に、
有名人の不倫は否定するとか



いろんな目線があるな、と思う
そのたびに、自分を省みる機会になる




今月、衆参両院での法改正が可決された


性犯罪法厳罰化の改正、可決される


今回の改正内容に

「被害者に男性を含む」


という項目が追加されている



と言う事は、


改正されるまでのあと数日、もしくは、数週間
男性は性的暴力を受けても、
泣き寝入りするしかないのね


というか、今までは明らかに性的暴行受けてても
男性の被害者は、ただの傷害事件扱いだったのかしら



今回、性別問わず立件起訴出来るようになったのは
性の多様化が大きな理由だと思う



女性上位な世界に存在する以上、
男性が受け身になる事に対して
今更、特に何も思う事はないけれど


LGBTという言葉が司法にも認知された結果なのか


それとも、


法改正しなくてはいけないほどに
起きる事件の質が変わってしまったのか


その辺りが気にかかる事である



あと、改正案でも抜け落ちてる部分 も
責め側として気になる




以前、この記事 でも取り上げたけれど



性的ファンタジーと生身の人間は
別物なのだと言う事が
年々曖昧になりつつあるのではないかな、と感じる


性に関する倫理、つまり性的モラルが
情報過多な時代から置き去りにされてしまってる



先日、友人がとても不快な事に巻き込まれて
その時の警察の対応に対して
随分とご立腹だったのだけれど


法律はあくまでも司法において有効なだけ


末端にいる現場の意識が変わらないと
ただの飾りにしかならない


「事件は会議室ではなく、現場で起きている」


とは、本当にそうで
警察という組織が本来の機能を全うしているかは
結局のところ、
某ドラマの青島くんのような現場従事者がどれだけいるか

そして、性犯罪のように
最低限のモラルを問われる状況で
どこまで、被害者に寄り添えることが出来るのか


そこにかかっているように感じる



法律改正だけでなく、事前防止策として
性に関するモラルくらいは
義務教育に組み込んだ方が良いと
今回の法改正を知った上で思う


少なくとも、
教職課程や警察学校では必須にしてもらいたい


目の前の相手が
自分と同じように感情がある存在だという前提が
常に持てない人たちが現場にいるのでは、
私の友人のように、
不愉快な思いをする女性が増えるだけである




性風俗産業というものは、
利用者に向けて、常に新しい刺激を探そうとしてる


特に、ネットと言う世界は
個人の良識ありきなので、

いくら、年齢制限を掛けても
ブレーキが非常に甘い世界である

性的好奇心を満たすため
過激なモノをどんどん量産しつつある


オトナが隠すから、コドモは知りたがるのだから
もっと現実味のある性教育に変えるべき



学校では、ほとんど学べないことが

「お金の原理」と「実用的な性」

どちらも、社会に出たら一番大事なことなのにね



性の多様化が当たり前になりつつある今、
モラルを持てる環境を整備して
性をもう少し明るく楽しめる環境を作って欲しいと思う


本来、性はお互いに気持ち良くて
素晴らしいことなのだから



GDLK☆

珠稀 ~ TAMAKI ~


 * Restriction course 個人限定コース * 


 【コース①】  ウェットアンドメッシー集中コース(WAM集中)

 【コース②】  体液汚辱集中コース
(Body fluid Play)

 【コース③】  呼吸管理集中コース (HOM集中)

 【コース④】  黄金&聖水コース (Excretion Play)

          *対象:12時~14時迄の案内限定(当日予約対応可能)





東京遠征詳細、限定コース詳細はコチラ




珠稀イメージ動画

bandicam 2016-07-14 16-41-29-006


珠稀・フェティシズム出勤スケジュール(HP)
http://fetishi-sm.com/month_schedule.php?id=78
珠稀・フェティシズム出勤スケジュール(携帯)

珠稀専用衣装(専用ボンテージ)
珠稀専用所有道具
http://tamaki-fetishsm.blog.jp/archives/cat_13825.html

女王様データベース

ショートブログ

性と肉体のシンクロ

性ということについて見たときに

オトコとオンナの
一番大きな違い何か?

性的快楽と肉体のシンクロ具合

だと、私は常に思う




この記事 を読んで


カビラ氏には、心より拍手申し上げる

で、視聴者の発言は


「良識のあるひと」の思考回路ならではだと思うので


そこを掘り下げてみたいと思う




学校のイジメでもよく言われるけど

「被害者にも責任がある」というのは、

温室育ちなVIP席の人間が持つ感想だと思う



イジメにしろ、性的暴力にしろ

する側には大した目的なんてない


ただのストレス解消で暇つぶしなのだ


相手なんて、誰でもいい



たまたま、目の前にいたそいつが

自分より下で弱いと決めつけて、
無理やりマウント取っただけだ


その手段と状況が、違うだけ


事の発端は、加害者側の心にある





女王やってるくせに、と思うかもしれないが


性的暴力は、サイテーの行為だと思う


ただの自己中な自己顕示欲丸出しの
弱い者イジメでしかない


でも、人間が存在する限り
無くならない部分だとも思う


それも、生き物としての
自己保存欲求が歪んだ形だからだ


私たち、女王という存在も

その歪みから生まれた妄想のなかに組み込まれている


だからこそ
現実と空想を区別できる理性と配慮
人体の知識が必要なのだ



人体は、とても繊細だ


だから、あらゆる攻撃から
生命を守ろうとする仕組みが出来ている


生命の危機を感じると
性的に興奮しやすくなるのは

自分の遺伝子を残す本能の仕業


過度なストレスを感じると
快感を強く意識するのは


精神的なダメージから逃げるため


オンナの性器は、
身体を保護防衛するために濡れる


むしろそっちが、本来の目的


そこを無視して
「本当は感じてる」なんて
よくもまあ都合よく考えられるのだろうと
不思議である


アナル開発中に、
「この子、本当にキモチイイのか?」
と様子をうかがってることはあっても

その逆は、考えてことないので

単純に現実の場数なのかもしれぬ


多分、オトコの肉体は
射精という排泄と快楽が最初から連動しているから

女性器と快楽が最初からは連動していないことが
感覚として理解しがたいのだろうね


これが、肉体の造りが違うからこそ起きる

性と肉体のシンクロ具合の違いだと思う


いっぺん、アナルを無理やり責められると
私の言っている意味が伝わると思う


もちろん、個人差はあるけどもね



性はものすごく大事なことなのに、

キモチイイ以外のことを
きちんと学ぶ機会がなさすぎる


これはもちろん、女性側もそう


だから、現実と妄想の差がどんどん広がって
娯楽としての性にしか、需要がなくなって
出生率が上がらないのだ



いっそのこと

思春期男子は精通したら、
自治体からコックリングを支給させて、
泌尿器科で装着記録を取られ、

女性器と男性器の仕組みについての
解剖生理学の講義と
性的コミュニケーション実習を必修させて、
学科試験合格するまで、
絶対リングをはずせないという
射精管理付き性教育システムを

是非、導入してもらいたい


女性は20年以上
毎月、月経で体調メンタルともに
いろいろあるのだから

射精をほんの1年程度、管理されるぐらい
あっという間だ


それくらいやって必死で勉強させても、
きっとすぐ忘れるんだろうけどね



性という複雑で繊細なことを
日々身近に取り扱っているからこそ


もう少し、マジメに性を考えて欲しいと思う







GDLK☆

珠稀  ~ TAMAKI ~



 * Restriction course 個人限定コース * 


 【コース①】  ウェットアンドメッシー集中コース(WAM集中)

 【コース②】  体液汚辱集中コース
(Body fluid Play)

 【コース③】  呼吸管理集中コース (HOM集中)

 【コース④】  黄金&聖水コース (Excretion Play)

          *対象:12時~14時迄の案内限定(当日予約対応可能)





東京遠征詳細、限定コース詳細はコチラ




珠稀イメージ動画

bandicam 2016-07-14 16-41-29-006



珠稀・フェティシズム出勤スケジュール(HP)
http
://fetishi-sm.com/month_schedule.php?id=78
珠稀・フェティシズム出勤スケジュール(携帯)

珠稀専用衣装(専用ボンテージ)
珠稀専用所有道具
http://tamaki-fetishsm.blog.jp/archives/cat_13825.html

女王様データベース

ショートブログ

セクシャリティを識ること

今年も、この季節になった


東京レインボープライド



LGBTという表現がわりと普通に使われているけれど

私たちの居る、BDSMという業界が

カタギのひとに理解されるには

まだまだ先のことかもしれないけど




この記事 を読んで、

こういうことを伝えていくことも

教育なのではないかな?と思う



LGBTの人たちが

子どもの頃から本当の自分を隠してきたように


フェチな性癖をもつ人たちも

また、同じような経験をしている





よく、フェチな性癖を披露してくれる子達には



「どうしてソコにいきついたのか?」


とセッション後に聞いてみるのだけれど



皆、大体、物心ついたくらい〜10代後半には


自分の性癖を自覚している




私もそうだった




LGBTを一つの個性として識ることと


BDSMやフェチというセクシャリティがあるということは



セクシャリティの多様性を識ることだ



あえて、識ると書くのは


ただ受動的に知るのではなく、


考えながら、情報を分析してほしいから




小学生には、LGBTというセクシャリティを

本当に早い時期に伝えてほしい



人と違う、という恐怖で

自分の気持ちを閉じ込めるような教育は


ただの洗脳でしかない



そういえば、この本も相変わらず面白かった




セクシャリティを自覚することは


自分とがっつり向き合う初めの一歩である




24時間、365日

自分のセクシャリティをオープンに出来なくても



年に一度でも


ありのままの自分をさらせる場所と相手がいれば



それはしあわせなことなのだ



今年に入って、


いろんなところで


これまでの不特定大多数の正義が


見直されていることが多いように思う



人間は、つい自分を他と比べてしまう


多数決は、必ずしも正義とは限らない



子どもの頃から、

いろんな考え方や思いがあることを

自分の目と耳で確かめていける世の中に

少しづつ、変わっていってくれるといいと思う




GDLK☆

珠稀 〜 TAMAKI 〜



 5/12-13 東京遠征について


 * Restriction course 個人限定コース * 


 【コース①】  ウェットアンドメッシー集中コース(WAM集中)

 【コース②】  体液汚辱集中コース
(Body fluid Play)

 【コース③】  呼吸管理集中コース (HOM集中)

 【コース④】  黄金&聖水コース (Excretion Play)

          *対象:12時~14時迄の案内限定(当日予約対応可能)



 * オス膣開発コース * 


東京遠征詳細、限定コース詳細はコチラ




珠稀イメージ動画

bandicam 2016-07-14 16-41-29-006


珠稀・フェティシズム出勤スケジュール(HP)
http://fetishi-sm.com/month_schedule.php?id=78
珠稀・フェティシズム出勤スケジュール(携帯)

珠稀専用衣装(専用ボンテージ)
珠稀専用所有道具
http://tamaki-fetishsm.blog.jp/archives/cat_13825.html

女王様データベース

ショートブログ

女装と言う第三の性別


私のBlogに辿り着く検索ワードの

ベスト1-2を毎月に挙がる


女装緊縛



と言うカテゴリー



セクシャルマイノリティの分類で

一番、世間に認知されてるのって


女装だと思う


SMも多少、言葉は知っていても
ちょっと違う解釈されてる部分だけ
イメージされてる気がする




女装と言うのは、

第三の性別なのだと思う


男装も同じくね



そもそも、

ヒトの原型はメスなので


本来の姿に戻りたいと思う深層心理が存在しても
自然な事だと思うし


基本、男のほうが
甘えったれだから、


可愛らしい存在になりたい
という欲を持っても不思議ではない



実際、


ぶりぶり系に武装してる女子ほど

中身はタフな男前だったりするから
(例えば、SEIKOちゃんとかね)


人間て本当に、

外見で他人や自分を欺く性質があるのね


って思いながら、人間観察してる


女装緊縛で私のBlogを見て、

実際に縛られに来る子たちは


彼女らなりの憧れファンタジーがある


可愛い私をお姉様に乱されてみたい
という、レズビアン的な思慕


そのファンタジーに
束の間、誘ってあげるには


沢山の妄想空想を知る必要がある



まだ見ぬ女装子ちゃんも


女装には興味があっても、
始めの一歩が踏み出せない
恥ずかしがり屋さんも



この画面の向こう側に居てくれるかもしれない



何度も書くけれど


女装は、第三の性なので


その時その時で

自分の居心地が良い性別を選ぶことも


オトナの愉しみなのだと思う


カラダの性、ココロの性

社会的な性、個人的な性



これからの時代は

TPOに応じて


自分の性を切り替えられる人が

より多くなっていくと思う



だから、



女になった自分を虐めて欲しい


って願望は


BDSM的には普通だから、安心なさいね



GDLK☆


珠稀 ~ TAMAKI ~




3/18~21 東京遠征決定 



 * Restriction course 個人限定コース * 


 【コース①】  ウェットアンドメッシー集中コース(WAM集中)

 【コース②】  体液汚辱集中コース
(Body fluid Play)

 【コース③】  呼吸管理集中コース (HOM集中)

 【コース④】  黄金&聖水コース (Excretion Play)

          *対象:12時~14時迄の案内限定(当日予約対応可能)



 * オス膣開発コース * 


東京遠征詳細、限定コース詳細はコチラ




珠稀イメージ動画

bandicam 2016-07-14 16-41-29-006


珠稀・フェティシズム出勤スケジュール(HP)
http://fetishi-sm.com/month_schedule.php?id=78
珠稀・フェティシズム出勤スケジュール(携帯)

珠稀専用衣装(専用ボンテージ)
珠稀専用所有道具
http://tamaki-fetishsm.blog.jp/archives/cat_13825.html

女王様データベース

ショートブログ

犯罪と嗜好の狭間

こーゆー報道見ると


やっぱりBDSMとかフェチって

必要な人に認知されていないんだなって思う



京都の足舐め事件



ネットニュースで見出し見た時も



「なんでこの人、

M性感とかフーゾク行かなかったの?」




と素で謎だった



足舐めとか、匂いフェチって


オンナノコさえオッケーだったら


デリヘルでも満たされる性癖だし


まず

合法だからね



ノーマル風俗店のサービス内容的には、


「舐める」行為は間違ってない




多分、このケースの場合



判決で被疑者が言ってる通り



イケナイことをしている

背徳感




それが、興奮材料だったんだろう



BDSMは、正にその背徳感に基づいて

性的興奮と被虐の悦びを

引きずりだしていくお遊びだから



「こんなことしてちゃメなんだ」



と言う感情を逆手に取っている



イケナイことには、

ゾクゾクする感情がある



嗜虐も

被虐も



背徳感があるから、より興奮するもの



だから、


時折、こうした事故で


司法のお世話になってしまうパターンが起きる




性風俗店やアダルトコンテンツは


犯罪抑止効果もあれば

その逆もある



個人の範疇であれば


どんな性癖や嗜好が有ってもいいと思うけれど



そこに、第三者を巻き添えにしたり


恐怖や不快を与えるような事は避けるべき




私たちは、


時に常識では考えられない事をして、

感謝されるという


正に、隙間な世界に存在しているけれど




そこに、YES&NOを判断できるのは


自分の倫理観が

常識とズレていないからなのよね




そういう常識を確認させてくれる


ノーマルな友人たちには


本当に感謝している




性的嗜好は、

あなたの個性




だからこそ、



それを自由に表現できる人や場所に
巡りあえるのは


とても幸せで恵まれた事



BDSMは、そういう解放区の一つ


有効活用してね



GDLK☆


珠稀 ~ TAMAKI ~


2/7-8 東京遠征 予約受付中!



Restriction course 限定コース

【コース①】ウェットアンドメッシー集中コース(WAM)


【コース②】体液汚辱集中

【コース③】呼吸管理集中コース (HOM集中)

【コース④】黄金&聖水コース (Excretion Play)
対象:12時~14時迄の案内限定(当日予約対応可能)

コース詳細、料金はコチラ


珠稀イメージ動画

bandicam 2016-07-14 16-41-29-006


珠稀・フェティシズム出勤スケジュール(HP)
http://fetishi-sm.com/month_schedule.php?id=78
珠稀・フェティシズム出勤スケジュール(携帯)

珠稀専用衣装(専用ボンテージ)
珠稀専用所有道具
http://tamaki-fetishsm.blog.jp/archives/cat_13825.html

女王様データベース

ショートブログ
ギャラリー
  • 排泄を視姦する
  • 排泄を視姦する
  • ヒトイヌ小人
  • ヒトイヌ小人
  • ヒトイヌ小人
  • ヒトイヌ小人
  • ヒトイヌ小人
  • ヒトイヌ小人
  • ヒトイヌ小人
Fetishi-SM Mistress HP

Mistress Kira Official Site K-Corect-Я
Mistress Yuka Official Site  Quinnkey
Shemale Mistress Yuka Official Site Quinnkey
Fetishi-SMについて
エナメル・ブーツ・ハイヒール
レザー・ストッキング・ロンググローブ
脚・胸・尻・フェチプレイ
ソフトプレイ・圧迫
アナル拡張・快楽責め・潮吹き
ドライオーガズム・強制女装
射精管理・スパンキング・ペニスバンドetc

なかなか人には言えない性癖を話し
精神的にも肉体的にも
解放してみてはどうですか!?

フェチやSMに理解のある
個性豊かなミストレス達が
お待ちしております

大阪 日本橋待ち合わせ型
SMクラブ(女王様専科)
Fetishi-sm
06-4963-2242

URL:http://fetishi-sm.com/ main_logo[1]
フェティシュミストレスリクルートページ

写メ日記
twitter
オススメ衣装販売サイト
livedoor プロフィール
記事検索
Restriction course 珠稀女王様限定
た
【【コース①】ウェットアンドメッシー集中コース(WAM) プレイ内容:食材や絵の具等を使用したウェット&メッシーのフェチプレイ集中コース。 フードメッシーだけで無く、金粉や銀粉によるペイントプレイも可能です。 ※食材はこちらで用意します。希望があればご用意下さい。   45分 10,000円  90分 20,000円  180分 40,000円 <オプション> 金粉/銀粉 各 5,000円   墨汁/白塗り 各 3,000円

【コース②】体液汚辱集中
プレイ内容:聖水、唾液責めのみ(道具使用無し)
30分 5000円

【コース③】呼吸管理集中コース (HOM集中)
プレイ内容:太股、手、腕、腋、足裏での呼吸管理(道具使用無し)
45分 9000円

【コース④黄金&聖水コース 】(Excretion Play)
プレイ内容:黄金&聖水のみ
対象:12時~14時迄の案内限定(当日予約対応可能)
30分 15000円
カテゴリー
Fetishi-SM 女王様ブログ
F 200-40
Fetishi-SM BLOG 大阪 SMクラブ Fetishi-sm プレイ道具紹介
Fetishi-smプレイ道具紹介 綺羅女王様 SM女王 ミストレス大阪
Fetishi-SM 綺羅女王様 ニューハーフゆか女王様
Fetishi-SM ゆか女王様 Fetishi-SM TUBAKI
Fetishi-SM 椿女王様 rin_20040.jpg
Fetishi-SM  凛女王様 rin20040.jpg
Fetishi-SM 雪乃女王様 大阪 SMクラブ Fetishi-SM 麗子女王様ブログ
Fetishi-SM 麗子女王様
Fetishi-SM いろは
Fetishi-SM いろは女王様
Fetishi-SM 那美
Fetishi-SM 那美女王様
Fetishi-SM あすか
Fetishi-SM 純女王様
Fetishi-SM アンナ
Fetishi-SM アンナ女王様
Fetishi-SM 純
Fetishi-SM 凌女王様
タグクラウド
イメージ動画
SM情報関連サイト

SM女王様データベース
オリジナルSM女王様作品とマゾ男やサド女の調教や過激SMプレイの動画配信SMサイト SM女王様ミストレスランド
SM女王様ミストレスランド

マゾヒストの喜び

SM体験記

SUKEBANKICK
SMクラブ・痴女情報サイト-日本最強のSMランキング 88_31mazo
  • ライブドアブログ