欅坂46の歌のタイトルにもなっているので、
アンビバレント、と書いた方が
もしかしたら伝わりやすいかもしれないのだけど、

私が普段、プレイの中で
何を興味深く観察してるのかと言うと

相手の中にある二つの欲や感情のせめぎ合いである。


「苦しい」と「気持ち良い」

「早く終わって欲しい」と「このまま続いて欲しい」

「怖い」けど「嬉しい」



挙げて行けばキリがないだろうが、
人間にはこういう矛盾した2つに引っ張られて悩む部分が
常にあると思う。

そこが、人間の面白いところだし、
冒頭の曲の話もそうだが、
表現や芸術というものの生まれる材料になるのだろう。


ありがたい事に、
いろんな子達のおかげで

今、相手がこう感じているだろうと思う部分を
「どうやって」刺激するか、

どっちの欲や感情を引きずり出し、かき乱すのかを
実行するための自分なりの手段や手順が
そこそこの数、体験し学習してくることができたと思う。


勿論、まだまだ遭遇したことのない新たな反応もあるだろう。


「どうやって?」を考えることは、楽しい。

ゴールまでどうやってたどり着くか。

今手元にあるもので、どこまで再現できるか。


2つ、または3つ以上の欲や感情が入り混じった
謎解きパズルを解いていくこと。


解いても解いても、
直ぐ、また、違う2つの欲の境目で
優柔不断になるマゾな相手を

袋小路に追いやっているのか、

逃がしてやろうとしているのか。


責める側の私も、二律背反しているのかもしれないね。


TAMAKI