大人になると、
特に男性は人前で泣くことができなくなる。


だから、

SMという行為のなかで、

いつもと違う自分になって

恥も外聞もすべて捨てて、


泣くことを許されたい。



そう言う願いを隠し持っている子たちも

本当は多いのではないかな。


まぶたが熱く腫れ、

鼻水が止まらなくて、

声をこらえることも出来ない。



そんな泣き方をしたのは、

いつが最後か、覚えてるかな?



久しぶりに、
いろんな感情が混じった涙を

今日は朝から、流し続けている。


多分、明日も明後日もだろう。



人前で泣くことが許される。

それは、何かに強く感動した時だ。




悲しみでも、辛さでもなく、
怒りでもなく。
何か大切なモノを
傷つけられたり、失ったわけでもなく。



何かに心動かされる時と言うのは、

私の場合、そこに自分の過去感じた何かを思い出したり、

ただただ、圧倒されたり、することが多い。



自分の弱さや過去に感じた情けなさ、

それを圧倒する、誰かの努力する姿や努力した証拠に

尊敬したり、自分を恥じたり。


自分が過去挑戦した夢を
相手の行動に重ねて、託そうとしたり。





今日から3日間は、

ブルーノという、愚直に信じぬいた男の話で

自分の心の中に普段仕舞い込んでる、

いろんな感情を涙で解放していく。



私だって、一応、人の心を持っている。


あまり、それを表に出すことは好きではないし
そう言う場として、ここを使うことも

本来の目的とは違うのだけれど。


ただ、どうしても、
伝えたい聞いて欲しいセリフがあるのだ。


ブルーノという男の物語に。


20201225_203717



8年間。


信じて信じて信じぬいた一人の男が

100年に一度の暗闇に覆い尽くされそうな

この年の瀬に、


希望と勇気を届けようと

誰よりも努力を続けて来てくれた。


そんな、クリスマスプレゼント。



20201225_201405





あなたの2021年が
今よりも、より良いものへと
なりますように。


I wish Your Happy Merry Christmas



TAMAKI