友人たちとの会話で


「SかMか、どう見分けるのか」


と言う質問がよく出る。



世の中に絶対はないので、
断言することは避けたいけども


私なりの分類基準ってものは、ある。

明らかに話をしてると
見えてくる場合もあるけど、

一番分かりやすいのは、

やはり「答えの導き出し方」かもしれない。


答えを外に求めるか。
自分の内部から引き出すか。


あと、「おもてなし力」。


相手目線で段取りくんだり、

楽しませよう喜ばせようって

気配りがあるかどうか。



おもてなしって、
Mじゃないの?


って言う人がいるけれど、


奉仕と言う意味をどう考えているかが

その一言で透けて見える。


献身と奉仕も別物だしね。


「認められたい」と言う欲は
誰にでもあるけれど


自分を評価して欲しいがための行動と


社会や組織を良くしたい
相手を手助けしたいからの行動は


同じように見えて


やはり見てる部分が微妙に違うのだ。


ギバーとテイカーに通ずる事でもあるけれど。


生まれながらなのか、
育っていく中でそうなるのかは、

今、独学分析しているところなのだ。


世の中、100%Mも100%Sも

実は居ない。

陰陽、ポジネガがあるのが人間と言う生き物。


だけども、

何を思っての行動かは
言葉や動作には現れるもの。


自戒っぽくまとめると


在り方って大事だなと


SかMか談義になると毎回、思うのである。


TAKAKI