カタカナ語のエロに関する言葉で
一番知られてるのは、

バイブだと思う。


バイブ=おもちゃという認識をしてる人が
ほとんどだろうけれど、

元々は、

振動とか揺れるという意味だし、


私個人が気に入っている表現は

ジャズやDJ業界用語でよく使われる


「良い雰囲気を分かち合う」


「感情や感覚」

 というもの。


DJイベントとかで

「バイブスあげてこ~!」とか言うのも、

テンション上げアゲで行こうぜ!という意味だしね。



人の感情は、バイブレーションのように
人から人へと伝播していく。


そんな経験をいつも、

SMを介して、体感させてもらっている。


Vibes 


と複数形にしているように、


感情は人と人とが関わり合う事で

揺れ動き、上下する波のようなものだ。



その波乗りをする手段の一つがSMという行為であると

最近、特にそう強く感じるようになった。


皆のVibesをコントロールして、解放していく。


その役を務めるには、


いつも自分の感情や情動を
一定に保てるようにしていくことも


責め手のたしなみであるのではないかと考えている。


TAMAKI