Hygrophilia 体液愛好癖

Hydrophobia 水に恐怖する 


今回のお題を探しているときに、

なかなか面白いなと思ったので、取り上げる。



ヒドロ、やハイドロと言う言葉は、

大概、水に関する単語なのだけど


同じ液体でも、愛好するモノもいれば
恐怖の対象にもなるという見方が出来るなと思う。


例えば

唾液フェチの子達からすると、

使い捨ての不織布マスクや

布マスク姿の女性をたくさん見れる状況は、


不謹慎な言い方だけれど、
この世の天国だろうと思う。


唾液の乾いた匂いというのは、

まさに、好みの匂いとそうでない匂いとして

大きく分かれるものの一つだ。


フェチと向き合い、
ソコを掘り下げていくと


こんがらがって3回くらいひっくり返ると

嫌悪が偏愛にかわるのだろうなと納得する。


体液と言えば、

唾液もそうだが、汗の存在を忘れてはならない。



思うに、唾液や汗に象徴されるのは

フェロモンなのだと思う。


腋の下と局部にだけ、
アポクリン腺が多く存在するのも、

人間の進化の名残で


より、一人一人の体臭を醸せるからだ。



汗フェチな子とプレイを楽しんだことは

残念ながらまだ無いのだが

汗の匂いでは無く、
汗そのものに興奮する子もきっといると思う。


サウナスーツに溜まった汗を飲み干したい。


そんな願望を持つ子もいると思う。


ラバーを着たら、その願望は簡単に叶えてあげられる。



水は、私たちの肉体を作る大切なものだ。

そこへ、性に関わるフェロモンが
濃厚に含まれると体液となる。



水が怖い、苦手と言う子を
水責めしたら、どうなるのだろう。

あるいは、体液責めしたら。


嫌悪がこんがらがえって、偏愛になるのなら。


泳げない子を無理やり、
足のつかないプールへ突き落すのと同じで

より、嫌悪させてしまうのか。



言葉を見て、あれこれ妄想することは本当に楽しい。


それらが、

確実に、


現実のプレイに役立つからね。




TAMAKI 






 


 * 2019 Restriction course 個人限定コース * 

 2019.12.30で終了

2020年1月3日以降の限定コースはコチラから


 【コース①】   
感覚遮断悶絶コース
 
  A・聴覚支配

 B・感覚支配

A,B共通 70分 18000円 
    100分 25000円

C・全感覚支配
    70分 20000円  

*特殊コースなので、

詳細を必ずご確認の上、ご予約ください。 
   

 【コース②】  
WAM集中コース 

A   150分 40000円
B   5時間 65000円

★聖水、黄金、嘔吐はOP対応可能



 【コース③】  
DIDコース (DID Play)
   
 5時間 55000円
    *和装貸し出し対応可能



限定コース詳細はコチラ




珠稀イメージ動画

bandicam 2016-07-14 16-41-29-006


珠稀・フェティシズム出勤スケジュール(HP)
http://fetishi-sm.com/month_schedule.php?id=78
珠稀・フェティシズム出勤スケジュール(携帯)

珠稀専用衣装(専用ボンテージ)
珠稀専用所有道具
http://tamaki-fetishsm.blog.jp/archives/cat_13825.html

女王様データベース

ショートブログ