スプツニ子!さんという

アーティストがいる


日本人だが、アメリカのMIT
世界で最も優秀な大学とされる
マサチューセッツ工科大学の助教授で


セクシャリティやジェンダーをテーマに
最先端科学を使ったアートを発表している


image


先日、所要の合間に


渋谷の西武百貨店で展示されていた

bionic by Sptuniko! を観てきた



image


テーマは、培養肉



動物の細胞を培養させて
食肉用に利用する研究をもとに


未来の洋服の在り方を


ちょっとダークな匂いをさせつつ
示唆している展示で


非常に面白かった

image



科学者という人たちは
数字やデータを分析する反面
ダークなロマンティストである


培養肉、つまりタンパク質が服になる


タンパク質で出来た衣服は
大昔から存在している


image



絹つまり、シルクは
蚕の幼虫が成虫に羽化する過程で
自分の身体からタンパク質の糸を吐き
繭を作る


その繭から糸を紡ぎ、布を織っているのだから


培養細胞を糸にしたり、布状に形成しても
なんらおかしくはない



image



近い将来、
もしかしたら
自分の細胞を培養して布を残し形見にする
という文化も生まれるかもしれない


そういう視点は
とてもロマンティックだと私も思う


遺髪を形見分けするよりも
肌身に纏えるのだから、
ジュエリーや時計などと同様だと思う



image



私は、たぶん
自分の遺伝子を次に繋げるつもりがないので

生きているうちに
そういう技術が汎用化されれば

自分の細胞を培養した衣服を着てみたいと思う


image



ethical masochist
倫理的マゾヒスト(笑)

倫理的にアウトな部分に反応する自分がいるという
ご本人のインタビューから抜粋


私は ethical outlaw
倫理を持つはみ出し者だから
おっしゃりたい事はよくわかる(笑)


倫理観の境目には、
BDSMのように
背徳感が有るからこそ
甘美なものが潜んでいる



世の中には、

凡人の想像を超える研究や発明をする人がいる



そういう面白い人たちから

少しでも刺激を受けて


日々を愉しみたい



さて、

今月の東京は

神戸に見損ねたベルギー奇想展と
DX歌舞伎町


これらを絶対に見てくる予定


アラーキーはまたしてもご縁が無かった

残念




9/16㈯~19㈫
東京遠征 予約受付中

 

今回の東京遠征が実質最後になるので、

悩んでいる子は、

ラストチャンスだからそのつもりで



GDLK☆


珠稀 ~ TAMAKI ~

 * Restriction course 個人限定コース * 


 【コース①】  ウェットアンドメッシー集中コース(WAM集中)

 【コース②】  体液汚辱集中コース
(Body fluid Play)

 【コース③】  呼吸管理集中コース (HOM集中)

 【コース④】  黄金&聖水コース (Excretion Play)

          *対象:12時~14時迄の案内限定(当日予約対応可能)





東京遠征詳細、限定コース詳細はコチラ




珠稀イメージ動画

bandicam 2016-07-14 16-41-29-006


珠稀・フェティシズム出勤スケジュール(HP)
http://fetishi-sm.com/month_schedule.php?id=78
珠稀・フェティシズム出勤スケジュール(携帯)

珠稀専用衣装(専用ボンテージ)
珠稀専用所有道具
http://tamaki-fetishsm.blog.jp/archives/cat_13825.html

女王様データベース

ショートブログ