黄金食は、究極の贅沢行為だと思う

なぜならば


食べるにしろ、食べさせるにしろ

出来る場所が限られる上に

条件を全て満たしてくれる相手を選ぶとなると

かなり、高いハードルになる



ちなみにゲスいようだが
金額的な部分でみると


食べたい場合の必要経費は

だいたい30,000円~


食べさせたい場合の必要経費は

だいたい250,000円~
(M女ちゃん専門店のオプション参考)


もっとも、食べさせたい場合は
食べるよりもさらに対応可能な場所は少ない

お金で解決できる以前の問題かもしれないわね



ここからは、
黄金食べてみたい子たちに向けての内容になるけれど



一回の食事が諭吉さん3人分というのは

決して、高額過ぎる食事ではない

食に対する価値基準は人それぞれだけど


たとえば、銀座、祇園には
お一人様5万以上(食事のみ)なお店も数軒あるし

世界レベルでいけば
ギネスブックには、17万のピザが紹介されている

それらは、非常に貴重な食材を提供している


女王様の黄金は、稀少だ

同じ状態の黄金は二度とお目にかかれない


これは、緊縛にも同じことが言えるけれど


全く同じ材料、同じ条件で
何かを作ったり作業したときに
100%同じモノを作れるのは
機械だけなのである


黄金は特に、腸内にいる常在菌と
食べたときの状況や気候によって
たった24時間でも、全然違う


前日女王様ご本人が召し上がった食品と
いろんな要素が複雑に作用して発酵したものだから


ミシュランの5つ星シェフが作る
本日のおまかせ料理以上に

出てくる直前まで、
全体像が本人にも予想が付かない


事前に時間が解っていても
時には、出せない場合もあるし
時間や水分を調整しても、
量や形状が予想と違ったり


完全にコントロール出来る女王様は
とても少数でいらっしゃると思う



そのくらい、
女王様の黄金は貴重なモノなのである



ただし、飲食店は
当然、衛生面や接客サービスにおいても
絶大なる信頼を得ているわけだから

誰が行っても、食事を最後まで楽しめる


黄金食に関しては、そこが大きく違う


完全に個人の責任による行為なので
体調によっては、
せっかくの黄金を
一口も飲み込む事すら出来ないこともある


その一番の理由として
実際に目の前に出された時

「これ食べても大丈夫なのか?」


という不安が身体にブレーキを掛けるのだと思う

ま、当然の生理的反応ではある



私の持論としては


「黄金食べても、即死はしない」



実際に、食べている子達を
何人も見てきているし、


自然界で見れば
親や仲間の排泄物を食べる動物は
意外といるし


最新医療では、
肥満やアレルギーを治療する移殖対象品として、
糞便ドナー募集している国もある


黄金がもし、人体に有害で致死にいたる毒なら
医療に使ったり、ドナーバンクなんて作られないから


その部分は安心してもらいたい


ただし、食べた直後~数日間は
いろいろと身体に反応が出る場合もあるから
そこは理解と自己責任になる


それでも、食べてみたい子だけ
禁断の扉を開けて来ればいいと思う



お金を出せば出した分だけ
手に入らないような時価食材を出してくれる
セレブな飲食店はいくつかあるけれど


一期一会な食材って

そうそうあるわけではない


ましてや、
激辛料理のように
食後のケアを必要とする食事も珍しい


だから、


黄金食は、究極の贅沢のひとつだと思う


GDLK☆

珠稀 ~ TAMAKI ~



 * Restriction course 個人限定コース * 


 【コース①】  ウェットアンドメッシー集中コース(WAM集中)

 【コース②】  体液汚辱集中コース
(Body fluid Play)

 【コース③】  呼吸管理集中コース (HOM集中)

 【コース④】  黄金&聖水コース (Excretion Play)

          *対象:12時~14時迄の案内限定(当日予約対応可能)





東京遠征詳細、限定コース詳細はコチラ




珠稀イメージ動画

bandicam 2016-07-14 16-41-29-006


珠稀・フェティシズム出勤スケジュール(HP)
http://fetishi-sm.com/month_schedule.php?id=78
珠稀・フェティシズム出勤スケジュール(携帯)

珠稀専用衣装(専用ボンテージ)
珠稀専用所有道具
http://tamaki-fetishsm.blog.jp/archives/cat_13825.html

女王様データベース

ショートブログ