BDSMは様式美重視


だと、

私は覚え初めのころに感じ、


自分のセッションに於ける価値基準にしてきた。



美しいということは


感性で判断されると、
多くの人は思っているだろうけれど




美しさとは、合理性なのだ。




それを、具現化した第一人者と言えば



Mr. Steven Jobs



あの世界的超人気商品、
i-phoneを世に送り出した


Apple computerの創立者だ。


Apple社のファンは、
ずーっとApple社の製品を使う、

ジョブズ教の熱狂的信者が多い。



まるで、忠誠を誓うM ♂ と女王様の関係に似ている。


事実、


他社のアンドロイドスマートフォンに比べ


防水機能の低く
液晶の脆弱性があり、
故障対応にも手間暇のかかるくせに



発売以来、新機種が出る度に
行列が出来る社会現象に為るほど



i-phoneは人気商品だ




それは、ひとえに




i-phoneが
シンプルで合理的機能を追求した
Jobsの理想デザインだからだ。



結果、
最小型のパソコン兼電話として
世界中で絶対的な支持を得ている。



つまり、


美しいものは、


外見上のバランスが整っていて
仕様も合理的なのだ。



だからこそ、人を魅了する。



緊縛美は、
受け手となる肉体の造形を
縄の走る位置や角度、張り具合が
引き立てるから、
芸術として、評価される。


私達、女王は
M ♂ を心身共に支配するために
手段として、縄を利用するから、


縄師さん達のように、
芸術性を第一に縄をかけていくわけでは無い。


けれども、


縄に長けた女王様の緊縛画像は


整然として、見目も良い。

手際もよく、流れるように縄を操られていく。


長時間の拘束に耐えうる、
絶妙な負荷で止められる。


まさに、「抱きしめる縄」がそれだ


つまり


美しい緊縛もまた、
優れたデザインと同等だからだ。


ピアニストが毎日、練習を欠かさないように


緊縛も常日頃の手習いが
縄に露見してしまう。


初対面の肉体を見て、
一番良い位置に縄を掛けていく判断力は

やはり、場数がモノを言う。


肌質、
筋肉と脂肪の割合、
骨格の状態、
身体の柔軟性、


その次の責めへの展開も含め、


緊縛は、都度変化する刹那的行為だ。


正直、



>不本意な仕上がりになる場合もある。



だからこそ、



飽きないし、繰り返し反復して
より、効率よく美しくを目指せる。



GDLK☆

珠稀 ~ TAMAKI ~