私は、幼児プレイは
あまり得意じゃないけど
女装プレイは、得意


その違いは何かと言えば、


単純に経験の差


カワイイ女子として虐められたい子を
沢山、相手にしてきているから



女装も幼児プレイも

「他人に甘える」を叶える行為


その裏側には


だから、しっかりしなさい」


と言う、子供の頃の刷り込みが
少なからずあると思う

元々、しっかりした男って少ないのにね(笑)



ザックリまとめてしまえば、


甘えるという行為って


承認欲求=許可されたい


なのよね



ただね、最近思うのは


「甘える」って


赤ちゃんやオンナノコになること
とは限らない



自分の性癖を解放する



その時点で、


誰かに「える」ことが出来てる




って言える



HOMにしろ、

女装にしろ、

黄金食や体液、WAM、NTR



私はこうした

「大きな声で言えない性癖」を

目の前で解放してくれる子たちを

「それで良いんだよ」って受け止めるのも


自分にとって大切な役目なのだと思う



「甘えせる」

「甘かす」




人によっては、
どちらも同じだと思うかもしれないけど


私の中でこの違いは、とても大きいし、
相手によって差が出るものだと思う



嗜虐も被虐も

突き詰めていけば、

相互許可で相互承認なのよね



だからこそ、相性も重要だし

お互いに成長も必要



スポーツに例えるならば

コーチや監督が日本一を目指そうとしても、

選手が何をまず目指しているか、
また、目指すべきかを見極められないと

体験入部の時点で、続かなくなる場合もある


そこで残念な思いをさせたことも多々あるし、

興味を失った子達も多いと思う





今の私が皆へ最初に出来る「甘えさせる」ことは、


「性癖を放する」


を出すこと



そこから始まる「甘える」「甘えさせる」関係も


BDSM的信頼関係の一つなんだと思う



世の中には、まだまだ色んな性癖がある


私はその、ほんの少しを見知っているだけだけど

どんな性癖を見せられても、

「それでもいじゃない」
って

受け入れられる度量は、
世の中の人たちより持ってるし


「それがか?」的レベルになる事が


女王の器を磨き、成長することだと思っている





ローマは一日にして成らず

BDSMも一回にして成らず



日々が学び








GDLK☆


珠稀


3/18~21 東京遠征決定 



 * Restriction course 個人限定コース * 


 【コース①】  ウェットアンドメッシー集中コース(WAM集中)

 【コース②】  体液汚辱集中コース
(Body fluid Play)

 【コース③】  呼吸管理集中コース (HOM集中)

 【コース④】  黄金&聖水コース (Excretion Play)

          *対象:12時~14時迄の案内限定(当日予約対応可能)



 * オス膣開発コース * 


東京遠征詳細、限定コース詳細はコチラ




珠稀イメージ動画

bandicam 2016-07-14 16-41-29-006


珠稀・フェティシズム出勤スケジュール(HP)
http://fetishi-sm.com/month_schedule.php?id=78
珠稀・フェティシズム出勤スケジュール(携帯)

珠稀専用衣装(専用ボンテージ)
珠稀専用所有道具
http://tamaki-fetishsm.blog.jp/archives/cat_13825.html

女王様データベース

ショートブログ