どのお遊戯が一番好きかと
よく尋ねられる


貴女のお気の召すままに、等と
玩具として身体を委ねられたら


何はさておき


麻縄で縛る


身体の自由を剥奪してから、徐に



圧迫したり、

鞭で打ったり、

筆を這わせたり、

放置したり、



兔にも角にも

緊縛抜きには、始まらない


No play ,no bondage


と言うのは、
若干言い過ぎた(笑)



究極の拘束は


視姦だから







綿ロープは柔らかくて
頼り無いけれど


若葉マーク向きではあるな、と


最近は思う







肌へのストレス


動きを封じ込む窮屈さ


それが、麻縄の良いところ





M ♂ の肉体を
どんな風に、
身動きを禁じて


所有下に置いてしまうか


ある種の人格剥奪目的



アートとして飾るならば


断然、女体の方が映えるし
美しい


緊縛ショーを拝見する度に
滅茶苦茶、興奮するし
見とれる



何せ、柔軟性がある
少々手荒い体勢変化も可能


ま、M ♂ が
身体の堅さに悲鳴上げる様子を
傍観するのも
それはそれで、面白いけれどもね


そう、
お遊戯としての緊縛は



精神的な支配欲を充たし易い


M ♂ に自らの処遇を肌身で覚えさせて、
家具や置物として扱うための装飾


そして


一回一回が
刹那的作品であること



どれだけ、同じ位置に
縄を掛けても


寸分違わぬ仕上がりにはならない



だからこそ


縄で戯れることは



毎回、わくわくする




次はどんな体型のM ♂ を
縄で拘束できるかしら



GDLK☆


珠稀~TAMAKI~